【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第53話 シベリア鉄道と条約改正=板谷敏彦

(前号まで)

 山師の悪評を立てられながらも日本銀行に入り本店工事に関わった是清は、工期の遅れや高騰する建築費用の問題を解決し、九州地区と山口県をカバーする西部支店支店長に昇進した。

 少し時間をさかのぼる。明治24(1891)年5月11日、ペルーの銀山開発に失敗した失意の是清が、川田小一郎日銀総裁から「日銀で働かぬか」と声をかけられた1年前の頃である。

 ロシア帝国皇太子ニコライが訪問先の大津で、警備の警察官津田三蔵からサーベルで突然切りつけられ負傷する事件が起きた。大津事件である。

残り2653文字(全文2895文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事