週刊エコノミスト Onlineエコノミストオンライン

インタビュー 太田純 三井住友フィナンシャルグループ社長 「キャッシュレス決済の基盤を作る」

 決済が銀行の専売特許だったのも、今は昔。内外のIT企業が金融ビジネスに参入する激動期にメガバンクはどうするのか。4月に社長に就任した三井住友フィナンシャルグループ(FG)の太田純氏=写真=に聞いた。

(聞き手=浜條元保/岡田英・編集部)

── 来期からの中期経営計画で注力する分野はどこか。

■成長を担うのは、国際分野だ。ただ、これまでアセット(資産)を伸ばしてきたが、無尽蔵には伸ばせない。採算、収益性を高めていく。そのために今、アセットの入れ替えをやっているところだ。

 国際分野に限らず、すべての分野でビジネスモデルの根本的な見直しをしている。例えば、国内リテール(個人営業)でトップライン(営業収益)を伸ばしていける状況にはない。そこで、いかに損益分岐点を引き下げるかが大事だ。

残り1118文字(全文1458文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事