国際・政治論壇・論調

英補欠選でジョンソン政権敗北 EU離脱計画の足かせに=増谷栄一

    ジョンソン首相の議会運営は綱渡りに(Bloomberg)
    ジョンソン首相の議会運営は綱渡りに(Bloomberg)

     7月の保守党党首選挙で、ノーディール・ブレグジット(合意なきEU離脱)を公約に掲げ、約16万人の党員投票で圧勝したジョンソン新首相。10月31日の欧州連合(EU)離脱日まであと90日間に迫る中、短命政権で終わるかどうかを占う意味で最初の試練となった下院補欠選挙に臨んだ。結果、与党・保守党が自民党に敗れ、保守党と北アイルランドの民主統一党(DUP)の連立政権の下院での過半数超えは2議席から1議席に減り、ジョンソン政権の議会運営は早くも綱渡り状態となった。EU離脱計画に狂いが生じかねず、早期の解散総選挙の可能性が一段と高まってきた。

     補欠選挙は8月1日にウェールズの選挙区で行われた。現職の保守党のクリス・デービス議員が議員経費の虚…

    残り1040文字(全文1358文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット