週刊エコノミスト Online論壇・論調

米中貿易戦争で「供給ショック」 スタグフレーションの可能性議論=岩田太郎

    物価上昇が家計の消費にも影響(Bloomberg)
    物価上昇が家計の消費にも影響(Bloomberg)

     米中貿易戦争が激化する中、世界中で財やサービスの供給が不安定化する「供給ショック」の発生や、経済の停滞とインフレーションが同時に襲う「スタグフレーション」が起こる可能性、ビジネス環境の見通しの不透明さなどが米国や世界の景気後退の訪れを早めるとの論調が高まっている。

     2008年の金融危機到来を予測し、多くの悲観的な見通しを立てることで「終末博士」の異名をとるニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授は8月22日付の評論サイト「プロジェクト・シンジケート」で、20年までに景気後退の引き金を引く可能性のある三つの供給ショック要因があるとの見方を示した。ルービニ氏は、「一つ目は米中貿易・通貨戦争であり、二つ目は米中テクノロジー戦争、三つ目は米国がイランを攻撃した場合に起こる原油価格の高騰だ」と潜在的な原因を列挙。その上で、「財、サービス、資本、情報、データ、テクノロジーが貿易戦争で分断分裂するにつれて、すべての産業でグローバルな生産コストが上昇する」と指摘した。

     さらにルービニ氏は「供給ショックで物価が上昇すれば、家計の実質可処分所得が低下し、世界経済は恒久的なリセッション(景気後退)に突入するだろう」と予測。「08年の金融危機は需要が減退する負の需要ショックであったために、金融政策や財政出動で対応できたが、今回の負の供給ショックは金融政策や財政出動で反転させられない性格のものだ」と論じ、次回の景気後退退治の困難さを強調した。

    残り747文字(全文1366文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事