週刊エコノミスト Online論壇・論調

米財界が「株主第一主義廃止」 実現には企業の監視必要=岩田太郎

    「廃止」はただのポーズ?(JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEO)(Bloomberg)
    「廃止」はただのポーズ?(JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEO)(Bloomberg)

     米ネット小売り大手のアマゾンや米金融大手JPモルガン・チェースなどの最高経営責任者(CEO)が加入する米有力財界団体のビジネス・ラウンドテーブルが8月19日、「株主第一主義を廃止し、従業員や消費者や社会全体の利益も重視する」との声明を発表したことを受け、資本主義のあり方について米論壇で議論が盛り上がっている。

     ビジネス・ラウンドテーブルの会員企業である米保険大手オールステートのトム・ウィルソンCEOは8月20日付の米『ニューヨーク・タイムズ』紙に寄稿し、「米国人の40%は緊急時の出費に充てられる蓄えを400ドル未満しか持たない。困窮はストレスを高め、希望を損ない、資本主義を破壊する」と述べ、企業による株主第一主義が、許容できない程度の経済格差や社会問題を生み出したことを間接的に認めた。

    残り1017文字(全文1365文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット