国際・政治論壇・論調

欧州中銀の量的緩和再開を疑問視 預金者にしわ寄せの副作用も=熊谷徹

    去り際にバズーカ砲?(ECBのドラギ総裁)(Bloomberg)
    去り際にバズーカ砲?(ECBのドラギ総裁)(Bloomberg)

     欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が9月12日に発表した量的緩和策について、欧州の論壇では物価上昇率の引き上げのための実効性を疑問視する声が有力だ。

     ドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ』(FAZ)は9月13日付電子版で「ドラギ氏は11月から国債買い取りを毎月200億ユーロの規模で再開し、民間銀行がECBに余剰資金を預ける際の金利をマイナス0・4%からマイナス0・5%に引き下げる方針を発表したが、これらの政策が物価上昇率の引き上げに貢献するかは未知数だ。むしろ預金者にマイナス金利の支払いを要求する銀行が増えるなど、副作用の方が大きいのではないか」と指摘した。さらに「ECBによる国債買い取りが許されるのは、本来深刻な経済危機の時に限られる。このため、国債買い取りはEU(欧州連合)法が禁じているECBの加盟国政府への融資に限りなく近い行為だという指摘もある」と報じた。

     金融業界からも批判の声が強い。ドイツのニュース週刊誌『シュピーゲル』は、量的緩和策の発表に先立つ9…

    残り915文字(全文1361文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット