国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

「健康中国」へ行動計画策定 医療費抑制と産業振興狙う=岸田英明

国民の健康意識の高まりで、関連市場も拡大するか(Bloomberg)
国民の健康意識の高まりで、関連市場も拡大するか(Bloomberg)

「個人が少なくとも一つのスポーツを趣味として持つよう奨励する」。中国政府が7月15日に発表した「健康中国アクション(2019~30年)」の一文だ。16年8月に公布された国民の健康増進に向けた政策ガイドライン「健康中国2030」を具体的に推進するための行動計画だ。

 国民の健康増進はどの国でも重要な課題だが、中国では政府が全国民に参加を呼びかけていることや、一つの政策で関連の取り組みを包括的に行おうとしている点が特徴的だ。行動計画には計15のミッション(課題)が定められている。「健康に関する知識の普及」や「合理的な食習慣」「全国民フィットネス」「喫煙制限」「メンタルヘルスの促進」「児童・生徒の健康促進」などで、計124の主要目標が記されている。30年に「国民の主要健康指標を高所得国レベルまで高める」のが全体的な目標だ。

残り962文字(全文1324文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事