国際・政治アフリカで儲ける

小国モーリシャスの大構想 「日本の技術」誘致し大陸自由貿易圏をけん引=野村修一

    アフリカの漁港にはいまだ低温物流のシステムがない(モロッコ・アガディール漁港)(筆者撮影)
    アフリカの漁港にはいまだ低温物流のシステムがない(モロッコ・アガディール漁港)(筆者撮影)

     インド洋に浮かぶ人口130万人の島国モーリシャスは、世界有数のリゾート地だ。オランダ、フランス、イギリスの植民地となった歴史から国民はフランス語と英語を操る。

     観光業だけではない。繊維をはじめ工業も盛んで、国民1人当たりの国内総生産(GDP)は1万1281ドル(18年、IMF)と、アフリカ内で2位の水準だ。特筆すべきは“ビジネスのしやすさ”。電力事情や資金調達環境などの指標に基づく世界銀行のビジネス環境ランキングで、190カ国中20位(日本は39位)である。ただ、同国は日本との関係が薄く、日本に大使館すらなかった。

     それが今、大きく変わろうとしている。この8月、日本と経済分野での連携を強めるべく、企業の誘致活動を…

    残り2248文字(全文2559文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット