週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第58話 三国干渉=板谷敏彦

    林董と遼東還付条約(挿絵・菊池倫之)
    林董と遼東還付条約(挿絵・菊池倫之)

     日銀西部支店長として馬関に赴任した是清。馬関は日清戦争の物資輸送の拠点となり講和交渉の場となった。日本人愛国者による李鴻章襲撃事件で進ちょくが危ぶまれたものの講和は成立した。

     明治28(1895)年4月17日、伊藤博文首相が清国の李鴻章代表との間で講和条約に調印を終えると、明治帝は平和克復に関する大詔(たいしょう)を発した。戦勝と平和と、国民の喜びは絶頂に達した。

     ところが、わずか6日後の23日の夕方になって、ロシア、ドイツ、フランスの3国の駐日公使たちがそろって外務省の林董(ただす)外務次官を訪ねてきた。

    残り2682文字(全文2939文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット