週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第59話 横浜正金銀行=板谷敏彦

    横浜正金銀行
    横浜正金銀行

     是清が日銀西部支店長として馬関に赴任して間もなく日清戦争が勃発、日本は勝利するものの露独仏の干渉により遼東半島を放棄した。臥薪嘗胆の決意の下、日本は軍備増強にまい進する。

     日清戦争が終わった明治28(1895)年、是清は8月に開催された日本銀行総会の後で川田小一郎総裁から横浜正金銀行への移籍を打診された。

    「これまで、日銀は低利の資金を正金に融通して、貿易の発展に資すべく働きかけていたが、どうもうまく機能してこなかった」

    残り2561文字(全文2773文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット