国際・政治東奔政走

日米韓3カ国体制からの「離脱」 “コレグジット”が落とす影=及川正也

    安倍晋三首相(左)も韓国の文在寅大統領も大局に立った判断ができるか(大阪市で6月28日)(Bloomberg)
    安倍晋三首相(左)も韓国の文在寅大統領も大局に立った判断ができるか(大阪市で6月28日)(Bloomberg)

     韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を8月22日に決め、大きな波紋を広げている。北朝鮮のミサイル発射に関する機密情報を日韓が直接融通し、その漏えいを防ぐこの枠組みは、それぞれ同盟国である米国とともに東アジアでの日米韓の軍事協力を示す象徴だったからだ。

     日米両政府は協定の期限を前に協定を延長するよう韓国政府に繰り返し要求。安倍晋三首相が「信頼関係を損なう対応だ」と語り、米国のポンペオ国務長官が「失望した」と述べ、米国防総省が「強い懸念と失望を表明する」との声明を出して、強く非難した。

    『戦争論』を記したクラウゼビッツによれば、情報とは「敵および敵国に関する知識の全体」であり、「戦争計…

    残り1777文字(全文2080文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット