国際・政治東奔政走

安倍外交にみる長期政権の閉塞感 「武器爆買い」でゆがむ装備体系=平田崇浩

     長期政権の晩期に入る閉塞(へいそく)感とでも言えようか。参院選の勝利後、たっぷり夏休みをとった安倍晋三首相は9月の内閣改造・自民党役員人事で政権運営に弾みをつける算段のようだが、国民に向けて訴えかける前向きな政策課題が見当たらない。これではなかなか期待感も盛り上がってこない。

     自民党が参院選公約の冒頭に掲げたのが「力強い外交・防衛で、国益を守る」だった。

     首相は早速、8月24日から仏ビアリッツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席。9月上旬…

    残り1872文字(全文2101文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット