国際・政治話題の記事

NEWS 韓国GSOMIA破棄 対日強硬姿勢ついに安保に波及 米国より「プライド」優先=澤田克己

    日本の植民地支配からの解放を記念する8月15日の「光復節」では、対日批判のトーンをやわらげた文在寅大統領だったが・・・・・・(Bloomberg)
    日本の植民地支配からの解放を記念する8月15日の「光復節」では、対日批判のトーンをやわらげた文在寅大統領だったが・・・・・・(Bloomberg)

     韓国が8月23日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を日本に通告した。両国が2016年11月に締結した協定で、期間は1年。期限満了の90日前までに一方が破棄を通告しない限り、自動延長される仕組みだった。

     日本による輸出規制強化への事実上の対抗措置だ。歴史問題で対立を繰り返していても、経済と安全保障には影響を与えない、というのがこれまでの日韓関係だったが、こうした構図がどんどん崩れている。

     北朝鮮情報を日米韓で共有する別の取り決めがあるため、実務的な影響は大きくないという見方もある。だが…

    残り950文字(全文1202文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット