教養・歴史アートな時間

美術 円山応挙から近代京都画壇へ 代表作の中で原点に触れる 写生を基礎に創意工夫=石川健次

    円山応挙《狗子図》安永7(1778年)、敦賀市博物館蔵、東京展:後期展示、京都展:前期展示
    円山応挙《狗子図》安永7(1778年)、敦賀市博物館蔵、東京展:後期展示、京都展:前期展示

    まずは図版を──。3匹の小犬である。誰が見てもそうと分かるに違いない。かわいくて、愛らしくて、などと感想を抱くのも私だけではないだろう。描いたのは、江戸時代中期の絵師で写生画の創始者として知られる円山応挙(まるやまおうきょ)(1733~95)だ。

     応挙と同時代の読本(よみほん)作者で『雨月物語』で有名な上田秋成はこう書いた。「絵は應挙が世に出て、寫生といふ事のはやり出て、京中の繪が皆一手になった事じや」。応挙が登場後、絵と言えば写生画になったと秋成は言う。

     応挙の登場以前、幕府の御用絵師に君臨するも創造性を失った狩野派など、決まりきった様式美に満足するし…

    残り956文字(全文1236文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット