国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル 「木が切れない」環境問題=美代賢志

電線に接触しても、簡単に切ることはできない(筆者撮影)
電線に接触しても、簡単に切ることはできない(筆者撮影)

 アマゾン熱帯雨林で、農地開拓などのために近隣住民が野焼きを行っていることが、注目を集めている。

 そもそもブラジルの国民は環境保護意識が薄い。理由は自然林から自宅の植木に至るまで、土地所有者の自己負担で「保護」する必要があるためだ。いったん樹木が一定の大きさまで育ってしまうと、伐採に当局の許可が必要になり、無許可で伐採すると罰金や代替樹木の植林の義務が生じる。

 自宅の垣根が隣家のブロック塀を圧迫し始めた知人が、市役所に木の伐採を申請したが、許可が出たのは塀が崩れた後だった。崩れた塀の弁償にかかる費用は、決して安くはない。このような例もあり、サンパウロ市で庭木を植えたがる人は少ない。また、古民家の売買では、規制前に植えられた庭木の伐採が問題視されることもある。このため、暴風雨などを装って庭木を撤去したがる人も多い。

残り129文字(全文490文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事