国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル 「木が切れない」環境問題=美代賢志

    電線に接触しても、簡単に切ることはできない(筆者撮影)
    電線に接触しても、簡単に切ることはできない(筆者撮影)

     アマゾン熱帯雨林で、農地開拓などのために近隣住民が野焼きを行っていることが、注目を集めている。

     そもそもブラジルの国民は環境保護意識が薄い。理由は自然林から自宅の植木に至るまで、土地所有者の自己負担で「保護」する必要があるためだ。いったん樹木が一定の大きさまで育ってしまうと、伐採に当局の許可が必要になり、無許可で伐採すると罰金や代替樹木の植林の義務が生じる。

     自宅の垣根が隣家のブロック塀を圧迫し始めた知人が、市役所に木の伐採を申請したが、許可が出たのは塀が崩れた後だった。崩れた塀の弁償にかかる費用は、決して安くはない。このような例もあり、サンパウロ市で庭木を植えたがる人は少ない。また、古民家の売買では、規制前に植えられた庭木の伐採が問題視されることもある。このため、暴風雨などを装って庭木を撤去したがる人も多い。

    残り129文字(全文490文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事