国際・政治ワールドウオッチ

広州 変わり種月餅が続々登場=太田元子

     中秋節(今年は9月13日)は親戚や友人、仕事の取引先などに月餅を贈り、日ごろの感謝を表すのが中国の習わしだ。広州でも毎年、7月ごろから食品メーカーや有名レストラン、高級ホテルなどが月餅販売を開始する。

     主流は広東風の「広式月餅」。伝統的な蓮餡(あすあん)に塩漬け卵の黄身が二つ入った「双黄白蓮容」やナッツ類と豚のラード入りの「五仁」などが人気で、何層もの豪華な箱入りを贈る。

     だが、習近平氏が主席に就任した2012年以降、「8項目の規定」が発表され、党員や公務員への接待の簡素化などが定められた。また、近年は環境保護への関心が高まり、包装が年々控えめになっている。食品会社を営む40代男性は「その代わり、メーカーは中身の珍しさで勝負するようになった」と話す。

    残り183文字(全文513文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット