週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

好材料で始まる悪魔のシナリオ=市岡繁男

     今年8月に2万円割れ寸前まで下落した日経平均株価だが、9月は2万2000円台に上昇し、10月はまた急落という目まぐるしい展開だ。

    最近の経済指標をみると、米国のISM製造業景況指数は10年ぶりの低水準、ドイツの国内総生産は2四半期連続のマイナス、日本の工作機械受注は今年3割減の見通し、そして消費者マインドの強さを示す消費者態度指数は12カ月連続の悪化(図1)、といった具合に日米欧の経済指標は着実に悪化している。

    こうしたデータをみると株価の下落は必然のように思える。本誌8月13・20日号『世界景気の終わり』の「…

    残り309文字(全文566文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット