週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

原油輸出国となった米国の死角=市岡繁男

    米国は100年以上も前から石油大国で、戦前の日本は米国から原油を輸入して日中戦争を戦っていた。1938年に米国の原油輸出比率(輸出量÷生産量)が6・4%もあったのはその痕跡だ(図1)。

     その輸出比率を超えたのは78年後のことだった。シェール石油の開発ブームで原油生産量が急増し、2008年から18年にかけて22億バレルも増加したことがその要因だ。これは世界の原油増産量の8割に相当するものだ。

     これだけ供給が増えると国内需要だけでは賄えない。15年になって、それまで40年間も続いた原油輸出禁…

    残り312文字(全文558文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット