週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

原油輸出国となった米国の死角=市岡繁男

    米国は100年以上も前から石油大国で、戦前の日本は米国から原油を輸入して日中戦争を戦っていた。1938年に米国の原油輸出比率(輸出量÷生産量)が6・4%もあったのはその痕跡だ(図1)。

     その輸出比率を超えたのは78年後のことだった。シェール石油の開発ブームで原油生産量が急増し、2008年から18年にかけて22億バレルも増加したことがその要因だ。これは世界の原油増産量の8割に相当するものだ。

     これだけ供給が増えると国内需要だけでは賄えない。15年になって、それまで40年間も続いた原油輸出禁止令が解かれ、18年には輸出比率が約2割まで高まった。名目GDP(国内総生産)の構成項目である財輸出額をみても、石油・同製品の占める割合は03年の2%台から直近は12%に急拡大した。今や原油は米国の主力輸出品なのだ。

    残り204文字(全文558文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事