教養・歴史書評

100歳まで生きた祖母も実践した「音読」の効果とは?=高部知子

    ×月×日

    「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」。この一節を聴けば「平家物語か!」と気付く人も多いと思うが、ではそれをいつごろ覚えたかというと、やはり多くの人が「子供の頃に音読して」と答えるのではないかと思う。実はそれこそが日本人の優秀さの秘密だと説く本を読んだ。

    『子どもの学力がグングン伸びる 古典音読』(山英男著、到知出版社、1400円)。この本に、OECD(経済協力開発機構)が3年に1度実施している「PISA」という学習到達度調査への言及がある。インターネットで調べてみると、2015年調査の科学的リテラシー、数学的リテラシーの分野でOECD加盟35カ国中、日本はトップだった。

     PISAにはOECD加盟国以外も参加していて、対象を72カ国・地域に広げても日本は科学的リテラシー…

    残り1003文字(全文1346文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット