教養・歴史書評

100歳まで生きた祖母も実践した「音読」の効果とは?=高部知子

    ×月×日

    「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」。この一節を聴けば「平家物語か!」と気付く人も多いと思うが、ではそれをいつごろ覚えたかというと、やはり多くの人が「子供の頃に音読して」と答えるのではないかと思う。実はそれこそが日本人の優秀さの秘密だと説く本を読んだ。

    『子どもの学力がグングン伸びる 古典音読』(山英男著、到知出版社、1400円)。この本に、OECD(経済協力開発機構)が3年に1度実施している「PISA」という学習到達度調査への言及がある。インターネットで調べてみると、2015年調査の科学的リテラシー、数学的リテラシーの分野でOECD加盟35カ国中、日本はトップだった。

     PISAにはOECD加盟国以外も参加していて、対象を72カ国・地域に広げても日本は科学的リテラシーで2位、数学的リテラシーでは5位。ちなみに、読解力を含めた3分野のいずれもトップはシンガポールで、読解力と数学的リテラシーの2位は香港だった。さすが国際都市!という感じだ。

    残り917文字(全文1346文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事