週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

銀行が背負った二つの過大リスク=市岡繁男

(注)国内銀行(銀行+信託+海外店)と信用金庫合計の業種別貸出残高で、2008年度末からの増減額 (出所)日銀
(注)国内銀行(銀行+信託+海外店)と信用金庫合計の業種別貸出残高で、2008年度末からの増減額 (出所)日銀

 長期にわたる利ざやの縮小で、日本の金融機関は二つの過大リスクを背負ってしまった。一つ目は不動産貸し出しへの傾倒である。日銀によると、国内銀行(含む信用金庫)の貸出残高は2008年度末からの10年間で87兆円増加した(図1)。年率1・65%の伸び率だ。同期間における名目GDP(国内総生産)は年率0・77%増なので、貸し出しはその2倍のペースで増えた勘定だ。

 問題はその内訳で、不動産業向けと個人向けを合わせた「広義の不動産関連貸し出し」が56兆円と、増加額全体の64%を占めている。これに対し、製造業や非製造業(不動産を除く)向けは12兆円しか増加しておらず、残りの19兆円は地方自治体向けや円借款だ。貸し出しが伸びないから景気も浮揚せず、今となっては不動産市況が落ち込まないよう願うしかない。

残り224文字(全文572文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事