週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

世界株高の裏にある中銀の緩和再開=市岡繁男

 10月の自動車販売台数は前年比25%もの減少となった。台風の影響があったにせよ、何かとてつもない不況が迫っている怖さがある。それなのに株価は、8月中旬の2万円台前半から11月は2万3000円台に急回復している。筆者は本誌10月22日号の当コラムで、空売りの買い戻しで株価が急騰する「悪魔のシナリオ」について述べたが、今まさにそれが起きているのだ。

 こうした株高は日本のみならず世界的な現象だ。例えば、日経平均と株価の絶対値が似通ったイタリア株は今年、日本株以上に上昇している(図1)。注目は両国の株価パターンが酷似していることだ。株価は世界経済の影響を受けつつも、各国固有の事情で動くはずだが、必ずしもそうなっていないのだ。

残り250文字(全文563文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事