週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

米長期金利を動かす中国=市岡繁男

(出所)Bloomberg
(出所)Bloomberg

 1981年以降、米長期金利が10年(520週)移動平均に近づくたびに株価は暴落してきた。87年のブラックマンデー、2000年のITバブル崩壊、08年のリーマン・ショック、そして昨秋の株価急変がその事例である(図1)。

 10年移動平均とは、米長期債を継続的に購入する機関投資家の平均コストなので、その水準以上になると保有証券は含み損を抱えることになる。実際、昨年10月時点は、長期金利(3・2%)が10年移動平均(2・5%)を上回ったので、大手米銀は自…

残り340文字(全文566文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事