週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

米財政赤字に追随する金の上昇=市岡繁男

     トランプ米大統領は2016年の大統領選時、公約として財政赤字の解消を掲げていた。しかし実際には17年1月以降の34カ月間で、財政赤字は累計で2・4兆ドルも拡大している。月次の収支(12カ月移動平均)でみると、就任時に490億ドルの赤字だったのが、直近は850億ドルと大幅に悪化した。

     内訳をみると、歳出が年率5・7%も増加しているのに対し、歳入は年率2・3%しか増えていない。これは国防費の増大と大規模減税を行ったからで、財政赤字が増えるのは当然だ。もっとも、その景気刺激策のおかげで株価が堅調に推移してきた(年率11・8%上昇)とも言えよう。

    (出所)米財務省
    (出所)米財務省

     では歴代大統領の任期中に、財政収支はどのように推移してきたか(図1)。一目瞭然なのは、戦争や金融危機時には財政赤字が拡大することだ。例えばブッシュ(子)政権1期目では月次の収支は4年間で540億ドルも悪化したが、これはイラク戦争の影響だ。また2期目は金融危機に直面し、さらに230億ドルも赤字が拡大した。それを後継のオバマ政権が8年かけて改善させたのだ。

    (出所)米財務省、米議会予算局、ブルームバーグ
    (出所)米財務省、米議会予算局、ブルームバーグ

     ところがトランプ政権はそんな努力を無にしてしまった。米議会予算局は、単年度の財政赤字が28年には1兆5000億ドルに達すると警告するが、財政赤字に追随する形で金が上昇する様は不気味だ(図2)。

    (市岡繁男・相場研究家)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事