週刊エコノミスト Onlineアートな時間

クラシック 東京・春・音楽祭 2020 来春、5週間連続で豪華な祭典 東京・上野の桜の森で堪能=梅津時比古

東京春祭ワーグナー・シリーズ 今春2019年の《さまよえるオランダ人》 写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡
東京春祭ワーグナー・シリーズ 今春2019年の《さまよえるオランダ人》 写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡

 年末を通り越して来春に思いをめぐらそう。

 東京・上野の花盛りと共にやってくる「東京・春・音楽祭 2020」の概要が発表された。期間は2020年3月13日から4月18日までの5週間超。会場は、華やぐ上野の桜の森の一帯。東京文化会館をはじめ、上野に集まるさまざまな美術館、博物館、ホール、ラウンジなどあらゆる「場」を用いて、オペラ、オーケストラから室内楽、歌曲まで、絢爛(けんらん)豪華に、そしてしっとりと繊細に、音の饗宴(きょうえん)が繰り広げられる。

「東京・春・音楽祭」といえば、まずワーグナーの楽劇を思い浮かべる人も多いに違いない。映像と字幕付きのワーグナー・シリーズは、一般的な演奏会形式とは全く異なり「新たな演習」とも言える趣向を凝らした舞台を見せてくれる。

残り892文字(全文1225文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事