週刊エコノミスト Onlineアートな時間

クラシック 東京・春・音楽祭 2020 来春、5週間連続で豪華な祭典 東京・上野の桜の森で堪能=梅津時比古

    東京春祭ワーグナー・シリーズ 今春2019年の《さまよえるオランダ人》 写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡
    東京春祭ワーグナー・シリーズ 今春2019年の《さまよえるオランダ人》 写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡

     年末を通り越して来春に思いをめぐらそう。

     東京・上野の花盛りと共にやってくる「東京・春・音楽祭 2020」の概要が発表された。期間は2020年3月13日から4月18日までの5週間超。会場は、華やぐ上野の桜の森の一帯。東京文化会館をはじめ、上野に集まるさまざまな美術館、博物館、ホール、ラウンジなどあらゆる「場」を用いて、オペラ、オーケストラから室内楽、歌曲まで、絢爛(けんらん)豪華に、そしてしっとりと繊細に、音の饗宴(きょうえん)が繰り広げられる。

    「東京・春・音楽祭」といえば、まずワーグナーの楽劇を思い浮かべる人も多いに違いない。映像と字幕付きの…

    残り949文字(全文1225文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット