国際・政治エコノミストオンライン

補正・経済対策「まずありき」 見直し求められる予算編成=斎藤太郎

    (注)( )内は年平均伸び率。政府支出=公共投資+政府消費+公的在庫変動 (出所)内閣府「四半期別GDP速報」より筆者作成
    (注)( )内は年平均伸び率。政府支出=公共投資+政府消費+公的在庫変動 (出所)内閣府「四半期別GDP速報」より筆者作成

     安倍晋三首相は11月8日、経済対策の策定を指示した。台風19号などを踏まえた災害対策、消費増税対策、東京五輪後の景気底上げなどが柱とみられる。

     経済対策を巡る議論で筆者がいつも違和感を覚えるのは、実施すべきかどうかという議論がほとんどなされることなく、規模や中身の議論になってしまうことだ。

     本来、補正予算とは当初予算編成時には想定できなかったような不測の事態が起きたときに編成すべきものである。典型的なのが今年のように自然災害によって甚大な被害を受けたケースで、災害復旧のための補正予算の編成はちゅうちょなく、速やかに行うべきだ。

     一方、足元の経済情勢は海外経済が下振れしていることは確かだが緩やかな減速にとどまっている。国内需要…

    残り1898文字(全文2215文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット