教養・歴史書評

近代日本政治史研究の第一人者による名著復刻=井上寿一

     岡義武『転換期の大正』(岩波文庫、1070円)、同『近代日本の政治家』(岩波文庫、1070円)は名著復刻と呼ぶべきだろう。岡義武(1902〜90年)は戦前・戦後をとおして、近代日本政治史研究の第一人者として知られる。多くの著作のなかで、新たにこれらの2冊が文庫化されて、誰でも容易に手にすることができるようになった。

     文庫化に際しての二つの著作に共通する構成上の特徴は、きわめて充実した内容の解説が付されていることである。どちらも東京大学が所蔵する「岡義武関係文書」にある草稿との突き合わせ作業によって、作成過程を明らかにしている。これらの解説の助けを借りながら読み進めると、次のようなことがわかる。

    残り575文字(全文876文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット