教養・歴史書評

近代日本政治史研究の第一人者による名著復刻=井上寿一

     岡義武『転換期の大正』(岩波文庫、1070円)、同『近代日本の政治家』(岩波文庫、1070円)は名著復刻と呼ぶべきだろう。岡義武(1902〜90年)は戦前・戦後をとおして、近代日本政治史研究の第一人者として知られる。多くの著作のなかで、新たにこれらの2冊が文庫化されて、誰でも容易に手にすることができるようになった。

     文庫化に際しての二つの著作に共通する構成上の特徴は、きわめて充実した内容の解説が付されていることである。どちらも東京大学が所蔵する「岡義武関係文書」にある草稿との突き合わせ作業によって、作成過程を明らかにしている。これらの解説の助けを借りながら読み進めると、次のようなことがわかる。

    残り575文字(全文876文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット