教養・歴史アートな時間

映画 ロング・ショット/僕と彼女のありえない恋=芝山幹郎

    (c)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.
    (c)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

     シャーリーズ・セロンが演じるシャーロットは、次期大統領を狙う国務長官だ。セス・ローゲンが扮するフレッドは、元気だがおっちょこちょいのジャーナリストだ。

     シャーロットは、美貌とオーラが光り輝く。エリート中のエリートで、まっすぐに歩けばだれもが道を空ける。一方のフレッドは、見た目からして伸び放題の雑草という感じだ。よくいえば一本気だが、思慮に欠ける言動が目立つ。短気で喧嘩っ早く、後先を見ずに行動する。

     実は、ふたりは幼馴染だった。16歳のシャーロットは、フレッドが13歳のころのベビーシッターだったのだ。しかもフレッドは、彼女にキスされて股間を硬くしてしまった過去がある。

    残り895文字(全文1182文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット