国際・政治ワシントンDC

夫人の菜園も、執務ゾーンも ホワイトハウス訪問体験記=中園明彦

    日米貿易協定署名式ではトランプ大統領も目の前に(アーロン・ウェブ(在米日本国大使館)撮影)
    日米貿易協定署名式ではトランプ大統領も目の前に(アーロン・ウェブ(在米日本国大使館)撮影)

     ワシントンDCには魅力的な観光地がたくさんあるが、何と言っても一番の人気スポットはホワイトハウスだ。

     ホワイトハウスは大統領と家族の住居であると同時に、大統領の執務室があり米国の全ての政治が決まる場所だ。大統領は大部分の時間をここで過ごす。よって、一般の人は特別な機会以外は敷地内へ入れず、ペンシルベニア通りから眺めるかしかない。

     ところが、ホワイトハウスは「世界で一番開かれた国家リーダーの住居」と言われており、一般公開されているのだ。一般的なのが春・秋2回のガーデンツアーだ。この日は朝から配られる1日2500枚限定の無料整理券を確保すれば、誰でも敷地内の庭を自由に歩き回れる。建物の横と、大統領が頻繁に記者会見を行うローズガーデンの横を通り、歴代大統領夫人の菜園にも足を運ぶことができる。さすがに入場の際の持ち物検査は厳しく…

    残り955文字(全文1321文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット