週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第76話 ロンドンのバンカーたち=板谷敏彦

    (前号まで)

    日露開戦が迫る。日本政府は海外での戦費調達を画策、是清を現地に送り出す。ニューヨークに到着した是清に、米国市場で起債せよとの電報が届くがこれを黙殺、ロンドンに向かう。

     明治37(1904)年3月23日、是清たちはホワイト・スター・ライン社のセドリック号(2万1035トン)でニューヨークを出発して、31日の午後10時にリバプールに到着した。

     リバプールには、横浜正金銀行の山川勇木支店長と同行でトレーニー中の是清の長男である是賢(これかた)が迎えに来ていた。一行は列車に乗ってロンドンへと向かい、以前外債発行調査の出張時に宿泊したド・ケーゼル・ロイヤル・ホテルに投宿した。

    残り2563文字(全文2855文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット