教養・歴史書評

アメリカ 1位奪取で女優ブッククラブの権威固まる=冷泉彰彦

     アメリカの出版界、とりわけフィクションの世界では、新刊のマーケティング手段として「ブッククラブ」が大きな要素となっている。ブッククラブというのは、新刊紹介のテレビ番組や有名人が主催するものがあるが、1990年代からは女優のオプラ・ウィンフリーが主催する「オプラ・ブッククラブ」が大きな権威を持ち続けてきた。全くの無名作家でも、このブッククラブの推薦図書となれば、テレビ番組やネットなど多くのメディアで紹介され、ベストセラーに直結するという仕掛けだ。

     人気ということでは圧倒的だった「オプラ・ブッククラブ」だが、これに挑戦する新しい動きも出てきた。例えば、同じく映画女優であるリース・ウィザースプーンの主催する「リース・ウィザースプーン・ブッククラブ」は、オプラのクラブとは別のコンセプトでジワジワと評価を高めていたが、この2019年には推薦作がアマゾンの「年間で最も読まれた本」に選ばれることとなった。

    残り558文字(全文960文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット