教養・歴史書評

アメリカ 1位奪取で女優ブッククラブの権威固まる=冷泉彰彦

     アメリカの出版界、とりわけフィクションの世界では、新刊のマーケティング手段として「ブッククラブ」が大きな要素となっている。ブッククラブというのは、新刊紹介のテレビ番組や有名人が主催するものがあるが、1990年代からは女優のオプラ・ウィンフリーが主催する「オプラ・ブッククラブ」が大きな権威を持ち続けてきた。全くの無名作家でも、このブッククラブの推薦図書となれば、テレビ番組やネットなど多くのメディアで紹介され、ベストセラーに直結するという仕掛けだ。

     人気ということでは圧倒的だった「オプラ・ブッククラブ」だが、これに挑戦する新しい動きも出てきた。例…

    残り685文字(全文960文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット