週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

大恐慌期にもあったギリシャ危機=市岡繁男

    (出所)ギリシャ中央銀行
    (出所)ギリシャ中央銀行

     2012年3月、ギリシャのデフォルト(債務不履行)危機が頂点に達した時に37%だった長期金利は、現在1・4%で米国を下回る。欧州中央銀行(ECB)がギリシャ債買い入れを断行したお陰だ。もしあの時、デフォルトしていたらどうなったか。1932年4月、ギリシャが債務元本の7割カットと為替切り下げを行った後、政治経済にどんな影響が生じたかを分析したアテネ大の論文がある。

     これによると、ギリシャ政府は28年、通貨価値を金に裏付けさせる金本位制に参加した。その後しばらく、同国の為替と金利は安定していたが、31年9月、英国の金本位制停止で状況は一変する。ギリシャもすぐに金と自国通貨のリンクを断ち切るべきだったが、対外的に債務再編を要請している間に金準備が急減し、万事休すとなった。

    残り212文字(全文550文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事