週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

イラン対立、米国の弱点は高過ぎる株価=市岡繁男

 昨年9月中旬、米国でレポ金利(短期国債を担保とする銀行間等の資金貸借取引金利)が高騰したことから米連邦準備制度理事会(FRB)はレポ市場に介入し、事実上の量的緩和政策(QE)を再開させた。米国株が高値を更新したのはこのためだ。

 だが株価が上昇する一方で、全米の企業収益は2014年のピークから2割も減少している(図1)。このため、非金融企業の株価時価総額を企業収益で割った値を広義のPER(株価収益率)とみなすと、00年代初頭のITバブル崩壊直後の…

残り339文字(全文564文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事