国際・政治話題の記事

NEWS 米がイラン司令官殺害 駐留米軍反発頂点に IS復活のおそれも=会川晴之

    パンドラの箱を開けてしまった(インド・テヘラン)(Bloomberg)
    パンドラの箱を開けてしまった(インド・テヘラン)(Bloomberg)

     イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が1月3日、イラクの首都バグダッドで米軍の無人機攻撃を受けて死亡した。イランは8日に弾道ミサイルをイラクの駐留米軍基地に撃ち込むなど報復を開始、反撃を公言していたトランプ米大統領の対応に注目が集まる。さらに、イラクも「米国に主権を侵害された」と猛反発、米軍の撤退を求める国会決議を5日に採択した。イラクを失えば、なお勢力を温存する過激派組織「イスラム国」(IS)の復活の可能性も出てくる。米国は極めて難しい局面に立たされている。

     米軍は2003年のイラク戦争後にイラク駐留を開始した。だが、刑務所での虐待行為が明るみに出るなど傍若無人な振る舞いにイラクの反発が強まる。当時、米国防長官だったロバート・ゲーツ氏は回顧録で、米軍が「解放軍」ではなく「占領軍」と受け止められたと指摘、駐留継続をイラクが受け入れる可能性について「はなはだ困難」な状況だったと振り返る。結局、米軍は11年末にイラクからの撤退を余儀なくされた。

    残り631文字(全文1067文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット