週刊エコノミスト Online自動車革命で伸びる会社

日本車 “1強”トヨタは「全方位」 ホンダはGMと巻き返し=河村靖史

    (出所)編集部作成、写真はBloomberg
    (出所)編集部作成、写真はBloomberg

     かつて「石橋をたたいても渡らない」と揶揄(やゆ)されたほど、他社との提携や、新しい取り組みに慎重だったトヨタ自動車が他社との連携を強化している。

     約3年前に業務提携交渉を開始して以来、商品の相互補完やインド事業、電動化技術で協業してきたスズキと2019年8月に資本提携することで合意した。トヨタは約960億円を投じてスズキに4・9%出資、スズキは480億円相当のトヨタ株式を取得して株式を持ち合う。さらにトヨタは19年9月、約800億円投じてSUBARU(スバル)への出資比率を16・8%から20%に引き上げ、持ち分法適用会社化することでも合意した。スバルも800億円を上限にトヨタ株を取得する予定だ。

     トヨタが他社との連携を強化しているのは自動車メーカーだけではない。電動化を急速に進めるトヨタは、パナソニックと車載用電池の合弁会社を20年春ごろ設立する。車載用電池世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)、中国・比亜迪(BYD)、東芝、GSユアサコーポレーション、豊田自動織機と車載用電池での協業を決めた。トヨタはハイブリッド車(HV)に注力した影響もあり、電気自動車(EV)では独フォルク…

    残り2107文字(全文2609文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット