週刊エコノミスト Online論壇・論調

米短期金融市場の不安定化 FRB対応「その場しのぎ」=岩田太郎

    FEBへの信頼の問題?(ワシントンのFRB)(Bloomberg)
    FEBへの信頼の問題?(ワシントンのFRB)(Bloomberg)

     銀行や保険、証券会社、機関投資家などが大量の資金をやりとりする米短期金融市場で2019年9月に資金需給が逼迫(ひっぱく)する危機が起き、レポ金利(金融機関同士が国債などを担保に短期資金を貸し借りする際の金利)が急上昇した。資金需要が高まる年末にかけて再び不安定化が予想されたが、ニューヨーク連邦準備銀行が9月以来、累計5000億ドル(約54兆円)近くの潤沢な資金供給を行い、混乱は回避。一方で、米連邦準備制度理事会(FRB)の対応が中長期的に適切なのか、議論が続いている。

     08年の金融危機発生時にニューヨーク連銀でレポ金利の調節を担当していたゾルタン・ポザー氏は、12月9日に発表した報告で、「年末にかけて金融市場の資金供給が再び逼迫して金利が急騰し、その結果としてFRBは短期国債購入からより長期の国債購入への変更を強いられる。それは、事実上の金融緩和(QE)の再来になる」と警告していた。

    残り964文字(全文1362文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット