国際・政治論壇・論調

蔡氏が圧勝した台湾総統選 新たな米中対立の火種に=坂東賢治

    中台関係はさらに悪化する恐れも(蔡英文氏=中央)(Bloomberg)
    中台関係はさらに悪化する恐れも(蔡英文氏=中央)(Bloomberg)

     1月11日に投開票された台湾総統選で、現職で民進党の蔡英文氏(63)が過去最多得票で圧勝し、再選された。米『ワシントン・ポスト』紙の社説(1月14日)のタイトル「習近平氏の香港と台湾への対応が反動を生んだ」がメディアや専門家の見方を代表している。

     2018年11月の統一地方選で民進党が大敗し、蔡氏が党主席を辞任した際には、1期目に年金改革などで支持を失った蔡氏の再選は危ういという見方が広がった。それが1年余で急激に支持を回復したのは中国の失策ゆえだ。

     香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニングポスト』は社説(1月13日)で「蔡氏は香港の逃亡犯条例への抗議活動を奇貨として選挙の争点を不人気な改革から、(中国に統一される)『1国2制度』に対する恐れへと変えた」と評した。

    残り1010文字(全文1347文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事