【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第78話 ビートンの訪問=板谷敏彦

(前号まで)

 露軍マカロフ中将戦死の報を聞いた金子堅太郎は敵将の死を悼み、紳士的な振る舞いが欧米人たちの感銘を呼ぶ。是清が訪れているロンドンでは日本公債がついに下げ止まる。

 是清が4月21日に銀行団が出した条件に疑問を持ったのは、ロスチャイルドの仲買人コッホが、100万や200万ポンドぐらいの大蔵省証券であれば自分一人の力でも買えると言ったからだ。

 コッホが正しいのならば、もっと金額を増やして私債である大蔵省証券ではなく、

残り2483文字(全文2696文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事