週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第79話 マッケンジー卿=板谷敏彦

    (前号まで) 日本の戦時財政は正貨流出が止まらず綱渡りを続けている。ロスチャイルドは少額の私債購入を是清に打診するが、株式仲買人ビートンは公債を発行するべきだという。

     明治37(1904)年4月23日朝9時、パース銀行のアレキサンダー・シャンドが是清のホテルを訪ねた。銀行団が考えている大蔵省証券発行について販売業者の選定でもめていたのだ。

     しかし是清にとっての問題は、そこではなかった。銀行団が提案するように日本は調達金額が小さく返済までの期間が短い大蔵省証券でいくしか方法がないのか、それよりも思い切って金額が大きく返済まで猶予のある公債発行では無理なのか、それが問題だったのだ。

    残り2489文字(全文2781文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット