週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第80話 目論見書=板谷敏彦

(前号まで)

 欧米諸国は日露戦争の趨勢(すうせい)を日本不利と予想する。ロンドンにとどまり資本家や銀行団と戦費調達の交渉を続ける是清は、マッケンジー卿のアドバイスにより公債発行を決断する。

 明治37年4月25日。是清は朝からホテルに籠もっていた。もはや私募ではなく公債を発行すると決めたのだ。深井英五に命じて5年前に日本が外国公債を募集した時の目論見書の写しを取り出させ、2人で逐一文言を確認した。

 目論見書とは株や債券など有価証券の募集や売り出しの際に、投資家を勧誘するために交付する文書で、有価証券の内容を細かく説明した文書である。現代のものほど分厚くはないが100年以上前のロンドンにもきちんと存在したのである。

残り2400文字(全文2709文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事