教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

出張時の会社向けにおみやげの購入が苦痛です/19

     Q 出張時の会社向けにおみやげの購入が苦痛です

     A 表面をとりつくろうためだけなら不要

     出張に行けば、おみやげを買って帰るのが慣例となっていて、おいしいものだと、女性社員を中心にちやほやされます。ですが、私はそれが苦痛でたまりません。おみやげがいい人間関係のツールとして一役買うのはわかっているのですが、買わないで帰社しても評価に影響がないようにする方法はないものでしょうか。(建設業勤務・37歳男性)

     おみやげを買ってきて人間関係を築く人っていますよね。ある意味で一番お手ごろな人間関係の築き方なのかもしれません。

    残り1032文字(全文1291文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事