国際・政治ワシントンDC

喫煙年齢の引き上げ法施行 業界のロビー活動が奏功?=中園明彦

    社会の議論をよそに広まるばかり(Bloomberg)
    社会の議論をよそに広まるばかり(Bloomberg)

     トランプ大統領は昨年12月20日、たばこ関連製品の販売相手の最低年齢を18歳から21歳に引き上げる法案に署名し、即日施行された。実質は、喫煙年齢の引き上げ法案だ。喫煙年齢引き上げは特に新しい議論ではなく、今回の連邦法改正以前から、19の州とワシントンDC、そして500以上の都市が21歳としていた。

     米国人の喫煙率は、政府データのデータ収集が始まった1965年の42・4%から減り続け、2017年には13・7%と過去最低となっている。にもかかわらず、なぜこのタイミングであえて連邦法の改正に至ったのであろうか。

     背景には、ここ数年、電子たばこが特に若年層の間で急速に普及し、呼吸器系疾患などの健康被害、そして多数の死亡が報告され、社会問題に発展しているためだ。特に問題視されているのが、味付き電子たばこだ。フルーツ味のカートリッジは高校生の間で人気らしい。データによると、実に12年生(高校3年)の25%、10年生(高校1年)の20%、8年生(中学2年)の10%が、最近1カ月以内に電子たばこを吸ったと答えてい…

    残り859文字(全文1315文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事