国際・政治ワールドウオッチ

広州 深圳空港とつなぐ鉄道開通=太田元子

    地域活性化の要として期待される穂莞深城際鉄道(阿部真之氏撮影)
    地域活性化の要として期待される穂莞深城際鉄道(阿部真之氏撮影)

     広州東駅(広州市)と深圳宝安国際空港(深圳市)の全長約74キロメートルを最速71分で結ぶ都市間鉄道新路線「穂莞深城際鉄道」が昨年12月15日、開通した。現在、中国政府は、広東省と香港、マカオを一大経済圏として発展させようと構想を進めている。構想を実現する上で、特に重視するのがエリア内主要都市間移動を1時間内にする計画で、新路線もそのために必要なインフラの一環として整備された。

     一大製造拠点として成長を遂げてきた東莞市だが、鉄道路線は長年、広州─深圳間を結ぶ広深鉄道の停車駅である同市東部の東莞駅、常平駅、樟木頭駅しか存在しなかった。

    残り225文字(全文494文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事