国際・政治ワールドウオッチ

タイ 本社売却する英字紙の懐事情=澤木範久

    売りに出される「バンコクポスト」の本社ビル(NNA提供)
    売りに出される「バンコクポスト」の本社ビル(NNA提供)

     創刊73年の歴史を誇るタイの英字紙『バンコクポスト』が、本社ビルや印刷工場を売りに出す方針を明らかにした。2月25日の臨時株主総会で売却承認を求める。売却益は負債の返済と電子版の強化に充てる。同紙は「今後の新聞発行に何の影響もない」としている。2019年3月末にはタイ語の姉妹紙『ポストトゥデー』の印刷を停止していた。

     売却されるのは、バンコクにある本社の土地やビルと、郊外の印刷工場・配送センターの土地、ビル、機械など。資産評価額は合わせて16億8000万バーツ(約58億円)。新聞の印刷はすでに外部に委託しており、工場は即時売却が可能。本社ビルは同紙の筆頭株主、スティキアット氏に売却した上、賃貸での継続使用を想定している。

    残り209文字(全文524文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事