国際・政治ワールドウオッチ

インド 起業で増える「社会的企業」=尾久孝一

利益を上げながら、食品ロスなどの社会課題の解決も狙う(Bloomberg)
利益を上げながら、食品ロスなどの社会課題の解決も狙う(Bloomberg)

 インドの全国ソフトウエア・サービス企業協会(NASSCOM)の発表によると、インドでは2014~19年に、約9000社のベンチャー企業が誕生している。その中で、最近は「社会的企業」が増えている。

 社会的企業は、インドが抱える貧困や飢餓、大気汚染などの社会的な課題を解決するための製品を開発している事業体をいう。例えば、ステラップス社は生乳の品質検査機器の提供や、IoT(モノのインターネット)、ビッグデ…

残り305文字(全文507文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事