週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

ローンに依存する危うい米国の家計消費=市岡繁男

     世界最大の家計消費国は米国で、わずか4%の人口が世界の29%を消費する(図1)。2番は欧州先進国だが、人口や経済の成長停滞でシェアは低下する一方だ。同じことは日本も当てはまり、バブル崩壊直後の1991年は世界の9%を占めていたが、最近は5%台に落ち込んでいる。

     他方、存在感を高めているのは中国。シェアは91年の3%から2018年は12%に急増した。中国の人口は世界の18%なので、こちらはまだ拡大の余地が大きい。

     ここで注目は、米国の家計消費シェアが00年をピークに低下していることだ。実際、その家計消費額(実質値)の伸び率は70~00年は年率3・5%増だったが、01年以降は年率2・2%増に鈍化している。

    残り251文字(全文556文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット