週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

スペイン風邪の歴史に学ぶ相場=市岡繁男

    (出所)厚生労働省
    (出所)厚生労働省

     日本の人口統計をみると次の2点が注目される(図1)。1点目は出生数で、昨年(86万人)は1874年以来の水準だ。当時の総人口が3500万人だったことを思えば、今の出生数は異常とも言える少なさだ。2点目は死亡数で、昨年は138万人と戦後では最大だが、今なお戦時中を除く過去のピーク(1918年)には及ばない。

     18年の死亡数(149万人)が突出しているのは、スペイン風邪の世界的流行によるものだ。その前年の日本の総人口は5400万人だったので、驚異的な死亡率だったと言えよう。『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』(速水融、藤原書店)によると、当時の新聞紙面は、「罹患(りかん)者の5%が死亡、郵便配達に支障を来す。市電も間引き運転」といった見出しであふれ、その新聞も「社内における罹患者増大のため頁数縮小」を通告せざるを得なかったという。

    (出所) NYSE、豪メルボルン大学
    (出所) NYSE、豪メルボルン大学

     全世界で5000万人が犠牲になったとも言われるスペイン風邪の流行は、18年6月からの9カ月間で3波に及んだ。なかでも18年秋の流行は猖獗(しょうけつ)を極め、11月には第一次大戦が終結したほどだ(図2)。

     当初は上げ基調だった株価も流行1波、2波とも死亡数の急増をみて下落した(3波目の時は戦後の経済ブームで上昇)。だとしたら、現在の好調な株価も先行きは楽観できない。

    (市岡繁男・相場研究家)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月14日号

    コロナ不況 残る会計士 消える税理士14 大量リストラの再来も 高まる“キャリア不安” ■岡田 英/浜田 健太郎17 監査法人の交代 トーマツ、監査先の選別が鮮明 ■伊藤 歩18 「決算」で見る監査法人 「東芝粉飾」の新日本は後退 ■伊藤 歩23 不正会計「摘発」 粉飾発見ソフトにAI搭載 ■細野  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット