【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史学者が斬る・視点争点

「ムラ社会」から「市場原理」へ=石田潤一郎

(注)米シンクタンクPew Research Center(PRC)の2014年春の調査結果から「先進国」を抜粋 (出所)PRCの資料より筆者作成
(注)米シンクタンクPew Research Center(PRC)の2014年春の調査結果から「先進国」を抜粋 (出所)PRCの資料より筆者作成

日本企業が変われる余地は大きい

 経済学は、有限で希少な資源の配分について考える学問分野だ。ここで言う資源とは基本的に、人材から時間に至るまで経済活動の糧となるもの全てを指す。この資源の配分には、「市場」と「組織」という大きく二つの手段がある。

 競争原理と価格メカニズムを用いるのが市場で、話し合いや権限関係を主体とするのが組織だ。時給を見てアルバイト先を決めるのはまさに市場を介した取引と言える。一方で、企業内で誰が何をするかは、価格メカニズムではなく、話し合いや権限関係で決まる。

 市場と組織の最大の違いは、参入の自由とその結果生じる競争によってもたらされる。参入が自由な市場では、参加者は匿名的に振る舞い、誰と取引するかは個人の裁量だ。一方、組織は構成員を選べるのが最大の特徴で、資源配分は閉じた世界での「顔の見える取引」が中心となる。皆がお互いを監視しながら意思決定をする点で、ムラ社会の構造に近い。

残り1929文字(全文2332文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月20日号

日本経済総予測2023第1部16 GDP成長率はG7中トップ 「眠れる美女」の覚醒に期待 ■谷道 健太/和田 肇19 インタビュー 竹増貞信 ローソン社長 「売上高はコロナ前を回復 冷凍食品や総菜の比率が上昇」20 個人消費 サービス中心に回復続く ■永浜 利広21 古くて新しい消費 家計防衛でコメ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事