教養・歴史書評

信頼のセンスが書いた自分の仕事にあてる恋文=ブレイディみかこ

     本を売るのは大変なことだ。でも、売るためなら何をしたっていいわけではない。少なくとも、わたしはそう考えている。でも、大変だからこそ何でもする覚悟が必要と考える人もいる。どっちが正しいとかではない。違うだけだ。違うのは、思想や姿勢というより、もっと美意識みたいなもの、つまりセンスだと思う。

     センスは思想や姿勢より肉体的だ。その人の体に染みついている。歩んできた道のりや会って別れてきた人々や読んできた本や聴いてきた音楽や、その人を構成するすべての物の上に生える苔(こけ)がセンスである。だからセンスは変わらない。

     いっそ変えることができたら、と悩んでいるわたしに、「変わらなくていいと思います」と優しく語りかけてくれた本が『古くてあたらしい仕事』(島田潤一郎著、新潮社、1800円)だ。編集者である著者の文章が実直で濁りがないせいか、幾度も涙した。「本はただ単に、情報を紙に印刷して、それを束にしたものではない。それよりも、もっと美しいものだし、もっとあこがれるようなものだ」「ぼくは具体的なだれかを思って、本を…

    残り900文字(全文1357文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット