教養・歴史書評

アメリカ 静かに読まれる知的で鋭いトランプ政権批判=冷泉彰彦

    『ワシントン・ポスト』紙のベテラン記者でピュリツァー賞を受賞しているキャロル・レオニグ記者と、同紙のホワイトハウス首席記者のフィリップ・ラッカー氏との共著によるトランプ批判本『ブレない天才、ドナルド・J・トランプによって試されるアメリカ("A Very Stable Genius:Donald J.Trump's Testing of America")』が売れている。

     トランプ批判本としては、マイケル・ウォルフの『炎と怒り』や、ボブ・ウッドワードの『恐怖の男』など、数々ベストセラーとなっている。その多くは、大統領に近い関係者、政権内部の証言者などに取材して、新事実を明らかにする「暴露本」という体裁を取っていた。こうした一連の暴露本は、政権内部で起きたことをスキャンダラスに暴くだけで、トランプ政権の本質を評価するには至っていなかった。

    残り610文字(全文983文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事