マーケット・金融論壇・論調

高まる世界同時不況リスク 中銀の対応にも手詰まり感=岩田太郎

    バーナンキ元FRB議長はマイナス金利を除外しないと言うが懐疑論も(Bloomberg)
    バーナンキ元FRB議長はマイナス金利を除外しないと言うが懐疑論も(Bloomberg)

     市場の大きな関心事である「次の景気後退は近いのか」に関する議論が再び盛り上がり、「米連邦準備制度理事会(FRB)には景気後退と戦うに十分な(金融政策の)弾があるか」という論争が注目されている。

     エール大学シニアフェローのスティーブン・ローチ氏は1月27日付の政治評論サイト「プロジェクト・シンジケート」に寄稿し、国際通貨基金(IMF)は、2019年の世界経済が09年の金融危機以来、最も弱い前年比2・9%の成長しか達成できず、10年から18年にかけての平均3・8%と比較してかなり低いと明らかにしたことを引用。「世界の景気循環の観点からすれば、2・5~3・5%の成長率は危険水域であるため、世界同時不況のリスクを真剣にとらえるべきだ」との見立てを披露した。

     その上でローチ氏は、「こうした状況にもかかわらず、世界経済には(景気後退時の)ショックを緩和するク…

    残り973文字(全文1352文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット